音楽家のための整体院 泉月

音楽家が身体のことで悩むことのない世の中に

身体に軸を通せば脱力できる

TOP ≫ WORKSHOP

ワークショップを開催しています

ワークのヘッド03

自分自身で身体の使い方を変えていくワークショップ

 

演奏する時にインナーマッスルを使うのが大事だということは以前からわかっていました。

実際、私が施術をすることで音楽家はインナーマッスルをうまく使えるようになり、身体が軽くなって楽に演奏できるようになり、音に関しても施術前に比べて「全然違う」と満足して頂いております。

 

しかし、音楽家が(施術を受けずに)自身の力でインナーマッスルを使っていけるようになりたいということを求めた時、今までは私が提供できるものはありませんでした。

皆さん、自分で何とかしたいという気持ちが強いんですよね。

 

どうすればいいかをずっと模索していました。

新たに知識を仕入れ、セルフワークを試行錯誤し、音楽家の方々にも実際に試してもらい、データを集めてきました。

そうしてようやくワークショップとして提供できるだけのクオリティに仕上がりましたので、広く参加者を募ることと相成りました。

 

 

 

お手軽なのに効果抜群のボディワーク

 

人体には、アウターマッスルを緩めインナーマッスルを活性化するポイントが存在しており、そこを押さえながら身体を動かすことで、体幹トレーニングなどをしなくてもインナーマッスルを使える身体を作っていくことができます。

このワークショップで学べるのは、簡単にできて、短時間で終わり、辛くないボディワークとなっていますので、ちょっとした空き時間にできて毎日継続しやすいと好評です。

慣れれば全身やっても5分くらいで終わります。

 

 

 

変わり過ぎてびっくりする!?

 

ワークをすることで軽い身体を手に入れた方々は、あまりの変わり様に皆さんびっくりしてしまいます。

でもその状態が本来の身体の使い方なんです。

出てくる音に関してもそれが本来出せるはずの音なんです。

 

現代人はほぼ全員がアウターマッスル優位な身体の使い方になっています。

そこから脱却し、インナーマッスルを使っていく人間本来の身体の使い方ができれば身体は軽くなります。

その身体で楽器を演奏すれば、無理やりひねり出したような音ではない、楽器本来の響きを奏でてくれます。

まるで楽器が変わったかのような変化に違和感を覚える方もいるほどです。

歌であれば、お腹からそのまま頭に抜けるような感覚や、口だけではなく他の部位からも声が響くような感覚になる方が多いようです。

 

 

 

肩こり・腰痛にも効果的

 

肩こりや腰痛の解消にも効果的です。

姿勢保持は主にインナーマッスルの役割なのですが、たいていの人はインナーマッスルが使えていないためアウターマッスルで姿勢保持しています。

しかし本来の役割ではないためアウターマッスルはすぐに疲労してしまい、コリや痛みを感じるようになります。

このワークにはアウターマッスルを緩める効果があるので直接的に筋肉をほぐすこともできますし、その上でしっかりとインナーマッスルで首や腰を保持することができるようになればその後の肩こり・腰痛予防にもつながります。

 

開催日時

2018年3月10日(土)[東京]

9:30~11:30(9:15受付開始)

場所:JR山手線「大塚」駅から徒歩5分
(グランドピアノあり)


♪♪♪

 

2018年3月11日(日)[東京]

9:30~11:30(9:15受付開始)

場所:スペース金魚
JR中央線「西荻窪」駅から徒歩12分
京王井の頭線「三鷹台」駅から徒歩13分

♪♪♪

 

2018年3月23日(金)[京都]

15:30~17:30(15:15受付開始)

場所:京阪鴨東線「出町柳」駅から徒歩6分


♪♪♪

 

2018年3月26日(月)[京都]

15:30~17:30(15:15受付開始)

場所:京阪鴨東線「出町柳」駅から徒歩6分

 

料金

2,000円

お申込み方法

リンク先のフォームよりお申し込み下さい。

2018年3月10日(土)、11日(日)[東京]

2018年3月23日(金)、26日(月)[京都]

 

参加者の声

歌うこと、そして指導することを仕事にして20年ほどたちますが、なんとなく身体を使っていましたが最近もっと楽に歌いたい、もっと楽に歌ってほしいと思うようになったところでこのコースを見つけました。

筋肉にほんのちょっと刺激を与えるだけでこんなにも体のバランスが変わるとは!!と、とても興味深い体験をしました。それと、頭ではインナーマッスル(アウターマッスルも)のことをわかっている気でいましたが、今日初めてインナーマッスル使うってこういうことね、と意識して声を出すことができました。今思うとヴォリュームが出ないことも悩みでしたが、これも解決できそうです。自分の身体(筋肉)を知り、目覚めさせることの大切さ、それを体感できたことが今回の大きな収穫でした。

(声楽)

 

中学・高校・社会人になってからも合唱を続けておりました(途中7年ほど中断していました)が、腹式呼吸がなかなかできず、いつもノドや肩、脚に力が入っていて、肝心のお腹は上手く動いてくれない状態でした。なので、いつもノドを絞めたような、苦しい感じで歌っていました。

私は姿勢が悪く、猫背でヒザも伸びてないので、姿勢の悪さが原因の1つだろうか、と思い受けてみました。受けてみて、とても短い時間だったのに、力を抜く方法がすごくわかりやすくて、家でもできる!テレビ見ながらとか音楽聞きながらでもできそう!と思いました。

あれだけ力を抜くのに苦労していたのが、ビックリでした。力を抜こうと考えながら声を出さずに済みました。これやったあとなら、どこまでも高い声出せそうです。そして深みのある低い声も…。

(合唱(ソプラノ))

 

普段から首・肩・肩甲骨まわりが凝っている感じをもちながら長年楽器を弾いているので、ますます凝る…という悪循環の繰り返しでした。でも今日のワークを受けて、ほんの少しアドバイス通りのことをやるだけで身体が軽く感じ、軸プッシュではだんだん力を入れなくても耐えられるようになりました。

ワーク後に演奏してみると、音量も上がりましたが、pの音も芯のある音が出せるようになったと思います。何より肩まわりがラクになり、立って演奏しているときに地に足が着いた感じになりました。

おそらく、合唱にも効果があると思いますので、子どもたちへの指導にも活用したいと思います。

(violin)

 

1つ1つは決して難しいことではないのですが、解説していただきながら動いてみると、確実に違いが出てくるのがわかり、不思議な気持ちです。声も、はじめと終わりでは、伸び方、音色など良くなった気がします。何より、体が暖まり、気分もすっきりしました。インナーマッスルの大切さを改めて感じました。ビフォーアフターの比較により、インナーマッスルを実際に体感することができて大きな収穫でした。特に立甲のワークでは、自分がいかに普段肩に力が入っているか実感することができました。

(声楽)

 

インナーマッスルをいかに使っていなかったかよく分かりました。

今までは筋肉の場所をじかに触って確かめられなかったので実際に動かしながら効果が分かるのがとても嬉しかったです。

日頃無理な力みがあった所(背中や肩以外にも気付いてない場所)が取れるとこんなにも変化すると思っていなかったので、これからも続けていって、生徒さんにも教えていけるようになりたいと思います。

(ボーカルトレーナー)

今まで意識することが難しかった前鋸筋・大腰筋の解剖学的位置と体表からの触れ方がわかったので良かった。

エクササイズのどれが効いたか、など直接的な因果関係はわからないけれど(おそらく複合的にも作用しているため)今日のレッスン前後で弾きやすさ、腕の重みのかけやすさも変わり、外から聞いた音も変わったようなのですごく面白いと思った。

自分でも実践してみたいと思う。

(チェロ)

以前は息を吸うだけで身体が固くなってしまい、声も固く、伸びのない声になっていました。今日のワークショップを受けて、いかに自分が身体の表面だけを使って歌ってきたかを実感しました。インナーマッスルを使って歌うことが大事なのはわかっていたのですが、使い方がわからなかったので、今日教えていただいた事をコツコツ続けていきたいです。短時間しか受けていないにも関わらずとても身体が楽になり、それまでは身体の中をギュッと固めていたようなイメージだったのですが、中に空間ができて、空気の通りもよくなったような気がします。

(声楽・ソプラノ)

 

体験前と体験後で、いつも歌う時になんとなくばらばらな方向に作用していた力(?)が、無理なくすっと通るような感じで、変化があったと思います。また、今回この時間限りではなく、自分だけでも無理なく続けていける、ということに重きを置いてくださる内容で、とても受講者のことを考えてくださっているんだなぁとありがたく思いました。続けてみます。

また予定が合いましたら伺わせていただきたいと思います。

どうもありがとうございました。

(声楽)

 

劇団の同僚に誘われて初めて参加しました。

普段の練習からインナーマッスルは意識していたつもりでしたが、実際にレッスンを受けてみると、全然的外れな場所を使っていたんだなと思いました。実際にお手本を見せて下さったり、筋肉を押しながら分かりやすく教えてもらえました。

バチを持った感覚、叩いた感覚が全然違いました。ヤングム本体が大きすぎて音は出せてませんが、早く演奏してみたいです。

肩の力が入りやすいクセがあるので、肩の抜き方をもっと習える機会があるといいなと思います。

(ヤングム(朝鮮の民族打弦楽器))

 

1つ1つていねいに教えて下さってすごく分かりやすかったです。自分が楽器を吹くときにいらない力が入っているんだと感じました。実際に楽器を吹いてやってみてのくり返しをしながら変化を感じれたのが良かったです。体のストレスを感じないのがどういうことかが少し分かった気がします。

(トランペット)

 

ワークを進めるにつれて、どんどん身体がやわらかくなり、ほんの少しの力で大きなパワーを操れるようになっていくように感じました。実際ピアノを弾いてみても軽くてより弾きやすくなってます。

本番前にクロスポイントを押してみるのが良さそうですね。(もちろん練習前も)

(ピアノ)

 

クロスポイントを刺激することで、体に余計な力を入れずに動作をすることができるのは新しい発見でした。

演奏については力が入らなくなった分、今までの感覚と少しかわってしまうので(よい意味で)この状態で日々の練習をして慣れることが大切だと思いました。

また、他の音楽家の方々と接して、少しお話できたこともよい経験でよい刺激となりました。

(ピアノ)

 

体のこわばりが取れ、無理なく声が開放された感じがしました。強い力を加えた訳ではないのにここまで体がリラックスするとは不思議な気がします。下半身も力が抜けているのに、むしろ頼りになる感覚です。これからも歌う前に試してみようと思います。

(声楽)

 

体がふわっと舞い上がる感じになり、特に胸や首・肩あたりの力が抜けて、とても気持ちのいい感じになりました。うたってみると声が気持ちよくスルスル出る感じになって爽快です。ご指導ありがとうございました。1日1回、うたう前に1回やってみたいと思います。

(テノール(声楽))

 

アウターマッスルとインナーマッスルの働き方の違いが学べたことにより、意識する筋肉のイメージがわき、わかりやすかったです。自分一人で出来るので、ウォーミングアップをすることが楽しくなります。

今日も楽器に息が入り、今後も継続していきたいと思います。

(Alto Sax.)

 

肩甲骨を立てるための力のシフトの仕方がおもしろかったです。

使ったことない(意識したことない)筋肉だったので痛くなりました(笑)

股関節が固いので、大腰筋への意識をもっともてるようになりたいです!!

(合唱、声楽)

 

ワークを交えての講座でとてもわかりやすく楽しく学べました。

こんなに短時間で変化を体感できるのが驚きでした!声も楽に出しやすくなりました!ゼロポジション、立甲意識して身につけていきたいと思いました。教えて頂いたワーク、日常でもとりいれていきたいと思います。

(声楽)

 

クロスポイントは仕事の合間にもできそうなので助かります。骨盤ダイエットやプランク等、体幹を意識することをやってきましたが、今回のが一番楽(とっつきやすい)なので続けられそうです。宣伝しときます(笑)

祖父母の健康維持にも効きそうですね。

実感できて良かったです。

(打楽器)

 

やってみて、体幹すごくしっかりした感じがありました。音程のコントロールがすごくしやすくなった感覚もありました。何より、呼吸がラクです。そして、リラックスしたせいかすごく眠くなりました。力が抜けて気持ちよかったです。ありがとうございました。

仕事の合間とかにちょこちょこ気軽に続けられそうなのもうれしいです。また報告します!

(ジャズヴォーカル)

 

ワーク後に立った時の感覚が今まで感じたことの無いような自然な立ち方が出来たので演奏前にできるだけワークをして歌ってみたいと思いました。

(軸プッシュで)押す時に最初はとても体に力が入っていたのに、だんだんと少ない力でできたことも驚きでした。

自分の身体の感覚が広がっていくのを実感しました。

(声楽)

 

猫背になってしまうことが気掛かりで、更に緊張して体が強張ることが多くありました。 クロスポイントの効果で重心が下がり、地に足が着いて体が脱力する状態がよく分かりました。 

昨日13~21時まで楽器を吹いてヘトヘトでしたが、体が楽になって普通に吹けました。 

また「かかと」の中央が歩く度に痛かったですが、緩和されています。 

これからもお世話になりたいと存じます。 

(ホルン) 

 

今までいかに無理矢理体を動かしていたのかが分かり、少し意識を変えるだけで、こんなに楽に動くのか!と驚きました。 楽器を弾いた時に音が大きく聞こえること、動きが楽で、かつ安定していることが感じられ、感動しました。 楽器の練習や演奏がこれからもっと楽しくなりそうです。 

また、普段のデスクワークの首・肩こりの解消にも役立つと思うので、実践していきたいです。 

(ヴァイオリン) 

 

声楽は、インナーマッスルが重要視されますが、詳細を丁寧に教えて下さる方がいらっしゃらなかったので、とても参考になりました。 一本の軸の意識の仕方がなかったので、今後意識してみます。 

(声楽) 

 

筋肉を刺激するという発想がなかったので、教わってよかったです。 ワークをやっているうちに体がほぐれていくこと、ポカポカあったかくなること、リラックスしていくことがわかりました。 軸というか地に足がつく感覚ができて、安定した自分の体が心地よかったです。 また教わりたいです。 継続して体をいたわっていきたいです。 

(ゴスペル、カホン) 

 

自然に脱力した感じで立てるようになり、とても為になりました! 足の感じ、よく「しっかり固定はするけど柔軟に」と言われるのですがよく分からず、でも今回で自然にできるようになり驚きました。 

今はとにかく練習に行きたい!!! 

(合唱・Sop) 

 

力の抜き方、かけ方、バランスの取り方、意識することなど、よく分かりました。 トリルや、右手で速く弾く時に、よく力んでしまって、うまく弾けないことが多々あったのですが、あっさり解決しました。 

(ピアノ) 

 

インナーマッスルを意識してワークしていくことで体の中から温かくなって体を動かすことが楽になりました。 楽器を弾くのも楽に音が出せたと思います。 これが無意識に出来てくると良いなと思うので継続的に続けていきたいと思います。 

(ビオラ) 

 

やる事が多いので、いざペアになって実行しようと思うと、何を目的にどこを意識して何を動かすのかわからなくなってしまい、ペアの方に申し訳なかったです。 

でもわからないなりにも身体を使って少しずつ行っていくことで、演奏しやすさを感じました。 両手、両腕、肩がなめらかに動いてポジション移動がラクになりました。

(ギター) 

 

ワーク前と後で楽器の鳴り方、弓の使い方が大きく変わり、力を使わなくても良い音で大きい音量を出せるようになりました。 また、体が軽くなった感じがすることで、気持ちも晴れやかになったと思います。 

(Viola) 

 

その場で楽器の演奏が出来ないので、帰るのが楽しみです。 首がもともと弱いのですが、クロスポイントをやったら軽くなってびっくりしました。 毎日続けてみます! 

(ハープ) 

 

神経が一本通った感覚!! 

歌う時に姿勢をキープするのが段違いに楽になりました。 

(Tuba、合唱) 

 

2回目の参加でしたが、前回よりも効果が高まった気がします。 使うべき所は使って、いらない所は抜いて、というのがより明確に意識することができました。 

前回受けてから1ヶ月の間、歌う前と寝る前に必ずするようにしていたのですが、やってから歌うのと、やらないで歌うのとではそもそも空気の通りから違いましたし、声の飛びが全然違いました。 しかも力むことなく歌えたので、演奏した後の身体の疲れ方も違いました。 

今まではやはり歌うと力んでいたので、とても疲れていましたが、それがなくなり、まだまだ歌えそう!という感覚がありました。 

これからも続けていきます。 

(声楽・ソプラノ)

 

前回参加させていただいて、家でやっていたのですが、今日クロスポイントの場所など再確認できてよかったです。 身体の力が抜けているけれど、しっかり足がついているのがとても嬉しいです。 

ヨガや丹田、リラックスして立つのも教えていただきたいです! 

(声楽)

 

普段からワークを取り入れ、教えていただいた通りにしているつもりでも、やはりポイントがずれてしまっているので、このようなワークショップが定期的に受けられると助かります。

足のワークの後は、力が抜けているのにしっかりと支えがある上で立てていて、立奏の時には理想的だと思いました。

ワークが進むにつれて体にどんどん軸ができていくのを実感しました。力を入れていないのに大きく力が出せていて驚きました。

さらに演奏に活かせられるようにワークを続けたいと思います。

(トランペット)

 

ワーク後ピアノを弾いてみて、自然に力が指にかかるような気がしました。 肩や上半身を楽に使って弾けるといいなぁと思うので、さぼりがちだったワークを続けようと思いました。 

(ピアノ) 

 

10、11月と参加し、12月は諸用で調整つかず見送りましたが、それなりに復習していたつもりでしたが微妙にずれていたことを実感しました。 

特に立甲状態は全く違って(肩甲骨を)寄せてしまっていたので、実際に声を出した際にロングトーンの安定感が格段に変わりました。 

また可能な限り継続させて頂きたいと思います。 

(声楽)

動画


脇には前鋸筋という筋肉があり、前鋸筋を使えるようになることで、肩甲骨の動きが良くなり、肩の可動域が広がります。
肩甲骨の動きが良くなると胸郭も広がりやすくなり、呼吸がスムーズになります。
僧帽筋や三角筋といったアウターマッスルの緊張が緩み、肩が軽くなります。
肩甲骨を挟んで前鋸筋の反対側にある菱形筋の緊張も緩み、背中の張りが無くなります。
前鋸筋が働くことで腕の筋肉の連動性が高まるため、楽器が軽く感じるようになります。

動画では他者が触ることで前鋸筋への意識付けをして使えるようにしていますが、レッスンでは、セルフでできて、さらに効果の高いワークを行っていきます。






TEL:070-5652-7071

〒600-8482
京都市下京区綾堀川町311-2
グラシィオ四条堀川305

モバイルサイト

音楽家のための整体院 泉月モバイルサイトQRコード

音楽家のための整体院 泉月モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • 予約カレンダーアイコン